abcofreading
kotonoha-books:

のはらのおへや/みやこしあきこ ポプラ社 2011年
ふたりの女の子の出会いという、普遍的なテーマの物語に読者をぐいぐいと引き込む、絵の説得力。 ページが進む毎に、気持ちがじわっ、じわっと高鳴っていくのは、主人公のさっこちゃんだけではないでしょうね。
今年上半期に読んだ中のベスト、おすすめです。

kotonoha-books:

のはらのおへや/みやこしあきこ ポプラ社 2011年

ふたりの女の子の出会いという、普遍的なテーマの物語に読者をぐいぐいと引き込む、絵の説得力。
ページが進む毎に、気持ちがじわっ、じわっと高鳴っていくのは、主人公のさっこちゃんだけではないでしょうね。

今年上半期に読んだ中のベスト、おすすめです。